私が使ってみて便利だった育児用品『離乳食調理セット』

私が使ってみて便利だった育児用品『離乳食調理セット』

私が使って便利だった育児用品は、離乳食調理セットです。

離乳食を5ヶ月から始める予定だったので、その前に離乳食についてネットで調べたり、本を借りたりしました。

その中で、離乳食初期は食材をすりつぶし、こしてから与えると知り、道具をどうしようかと考え始めました。

すり鉢やこし器はあるけれど、今まで使っていたもので衛生的に大丈夫なのか、

大人用と子ども用に分けた方がいいのではないかと思い、100円均一を見に行きました。

しかし、一つずつ買うとかさばるしどうしようかなと悩んでいたら、

私の母が離乳食調理セットをプレゼントしてくれました。2500円くらいだったと聞いています。

その調理セットは、裏ごし用1枚大きさの違うおろし用が2枚、計3枚のプレートとすり鉢、計量スプーン、蓋がついていました。

プレートは離乳食の時期ごとに分けられていて、主にごっくん期によく使う裏ごしプレート、モグモグ期によく使い、

おろす大きさが変えられるおろし用プレート、カミカミ期によく使い、その時期にあった大きさになるおろし用プレートの3つです。

食材をどの時期にどれくらいの大きさにしたらいいのかよくわからない初心者ママには、

プレートを変えるだけでその時期にあった大きさになるのですごく助けられます。

また、すり鉢はレンジ使用可なので、すりおろしたものをそのまま加熱することができます。

そして一番の長所は全てを一つに重ねることができ、とてもコンパクトにまとまるということです。

市販の離乳食を極力あげたくなく、できる限り手作りしてあげたかったので、実家に帰省する時もすべて持って行ってました。

コンパクトになるので持ち運びがしやすく、帰省の準備をするのも楽でした。

おろし金、すり鉢 こし器と一つずつ単品で買っていたとしたら、かさばるし、持ち運ぼうとは思わなかったと思います。

また、すり鉢は取っ手がついているので、スープなどをいれるお腕としても使えます。

子どもが自分で食べれるようになると、取っ手を持って一人でごくごく飲むようになりました。

このように、一見家にあるものでも離乳食を作ることはできますが、かさばらないこと、

初心者のママには3つのプレートで離乳食作りがわかりやすいことという主な利点で離乳食調理セットがあって良かったと思っています。

新型ベンツCクラスワゴンの値引き

歯磨きを嫌がる子供への悩み

子供の歯磨きに1年近く悩んでいます。歯磨きが最初から嫌いで、とにかく暴れまくって全く磨かせてくれません。

市の検診で歯磨きをしている所を見せるのがあったのですが、うちの子供が一番ひどくて目立っていました。

足で子供の腕をはさみこんででも歯磨きをさせて下さいと言われて、その方法で無理やりしていたのですが、

成長と共に力が強くなり、抑えつけれる状態ではなくなりました。

体をくねくねさせながら腕をおもいっきり抜こうとするので、私の足では支えきれず抜け出すようになりました。

子供が大好きなキャラクターが歯磨きをしている所を見せても、自分がするとなると嫌がり、パパがいるとパパに磨いてと言うようになりました。

パパがいる時に、パパが磨いてくれるのならそれでも良いのですが、パパだと無理やり磨かないと言う知恵が働いていて、

すぐに「おわり」と言って磨くのをやめます。

美味しい歯磨き粉をつけてあげても歯磨き粉を飲み込むだけで意味がなく、ぬいぐるみを磨いてあげるふりをしても、

子供がぬいぐるみを同じように磨くだけで、磨いたら抱っこしてあげるよと言っても全く通用しません。

無理やり磨くと逆効果な気がして、最近では抱きしめてあげてから磨くようにしたり工夫をしているのですが、

10秒程で嫌がり、すぐに歯ブラシを噛んでしまうため、ブラシが駄目になって歯ブラシを何本も買い直しています。

歯磨きを嫌がる子供は多いと聞きますが、日にちと共に磨くようになると言うので期待をしていたのですが、2才だとまだまだかかりそうです。

離乳食の時代は良かったのですが、最近は飴やチョコ等の虫歯になりそうなお菓子をたくさん食べているし、いつ虫歯になるかとドキドキしています。

自分で磨きたがるので、とりあえず自分で歯磨きをさせてあげて、できる限りの仕上げ磨きはしているのですが、ゆっくりは磨けていません。

歯ブラシが硬いのかと思い、たくさんの歯ブラシも試してみましたが意味がありませんでした。

娘が私の真似をして、私の歯を磨いてきたのですが、人に磨かれるのは結構嫌なものだと感じたので、娘も同じ気持ちなのかなと思いました。

いつか歯磨きを嫌がらずにできるようになる日を待ってみるしかないですね。